Loading

お知らせ

第12回KKM実務研究会(11月12日(金))へのご案内

第12回KKM実務研究会を2021年11月12日(金)に開催します。第12回のテーマ労働関係訴訟の要件事実(…

スペシャルウェビナー(10月29日(金))へのご案内

3周年記念のスペシャルウェビナーを2021年10月29日(金)に開催します。3周年記念のスペシャルウェビナーは働くヒ…

倉重弁護士が高橋社労士とセミナーに登壇します

倉重弁護士が高橋社労士と厚生労働省の「労働時間の認定に係る質疑応答・参考事例集」を元に考える具体的ケースに基づく労災給付…

倉重・近衞・森田法律事務所

Yahooニュースに近衞弁護士の小室圭さんの母・佳代さんが傷病手当を不正受給していた疑いについてのコメントが掲載されました。

9月2日のYahooニュースに近衞弁護士の傷病手当に関するコメントが掲載されました。【独自】小室圭さん母・佳代さんに…

倉重・近衞・森田法律事務所

夏季休業のお知らせ

日頃は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、弊所では下記の期間を夏季休業とさせていただき…

倉重弁護士が登壇したDXを支えるマインド・働き方を考える1Dayセミナー(5月27日(木))の動画が公開されました

倉重弁護士が登壇した「DXを支えるマインド・働き方を考える1Dayセミナー」(5月27日(木))の動画が公開されました。…

倉重・近衞・森田法律事務所

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

2021年4月29日(木)~5月5日(水)まで上記の期間休業とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承…

ヒトラボ編集長の川上敬太郎さんに『[日本版]同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて』をご紹介いただきました。

ヒトラボ編集長 川上敬太郎さんから『[日本版]同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて』の書評をいただきました。…

訃報

当事務所パートナー弁護士 森田武男が、かねて静養中のところ、去る令和3年3月29日、入院先の病院にて逝去いたしました。享…

倉重弁護士が「【日本版】同一労働同一賃金の理論と企業対応の全て」を出版します。

 倉重弁護士が「【日本版】同一労働同一賃金の理論と企業対応の全て」を出版する…

週刊エコノミスト「法務担当者が選ぶ頼みたい弁護士13選」人事労務部門に倉重弁護士が選出されました。

週刊エコノミスト「法務担当者が選ぶ頼みたい弁護士13選」人事労務部門に倉重弁護士が選出されました。…

倉重・近衞・森田法律事務所

倉重弁護士が日本の人事部から同一労働同一賃金関するインタビューを受けました

倉重弁護士が日本の人事部さんから「同一労働同一賃金」に関するインタビュー頂きました。2021年、企業は「同一労働同一…

倉重・近衛・森田法律事務所

倉重弁護士著書『改訂版 企業労働法実務入門』が8度目の増刷となりました

このたび、倉重弁護士の著書『改訂版 企業労働法実務入門』が8度目の増刷となりました。多くの皆さまのお手にとっていただ…

倉重・近衞・森田法律事務所

BUSINESS LAWYERSに倉重弁護士の【連載】展望 2021年の企業法務の第1回目の記事が掲載されました。

1月18日のBUSINESS LAWYERSに倉重弁護士の【連載】展望 2021年の企業法務の第1回目の記事が掲載されま…

倉重・近衞・森田法律事務所

新年のご挨拶

 例年にない年明けとなりました2021年が始まりまして、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。いうまでもなく、様々なこ…

倉重・近衞・森田法律事務所

年末年始営業状況のお知らせ

当事務所では、新型コロナウィルス感染拡大防止による政府要請を受けまして、年末年始の休暇を長めに設定し、202…

倉重・近衞・森田法律事務所

倉重弁護士の対談記事が濱口桂一郎先生のブログ(ハマちゃんブログ)で紹介されました

倉重弁護士と山本紳也氏の対談の記事が濱口桂一郎先生のブログ(ハマちゃんブログ)で紹介されました。今さら聞けない「ジョ…

倉重・近衞・森田法律事務所

倉重弁護士が労政時報と愛知県経営者協会に同一労働同一賃金の記事を寄稿しました

労政時報と愛知県経営者協会に倉重弁護士が同一労働同一賃金の記事を寄稿しました。○労政時報 :「注目の最高裁判例メトロ…

株式会社スパイスアップ・ジャパン様のHR-Xチャンネルに倉重弁護士の動画が公開されました

株式会社スパイスアップ・ジャパン様のHR-Xチャンネルに倉重弁護士の動画が公開されました。株式会社スパイスアップ・ジ…

倉重・近衞・森田法律事務所

Yahooニュースに倉重弁護士の同一労働同一賃金に関する最高裁判判決の解説記事が掲載されました。

10月19日のYahooニュース個人に倉重弁護士の同一労働同一賃金に関する最高裁判判決の解説記事が掲載されました2つ…

さらに記事を表示する
PAGE TOP
PAGE TOP