Loading

年末年始営業状況のお知らせ

倉重・近衞・森田法律事務所

当事務所では、新型コロナウィルス感染状況が低水準であることに鑑み、これまで実家に帰るなど出来ていなかった従業員のワークライフバランスを尊重すべく、年末年始の休暇を長めに設定し、

2021年12月24日(金)~2022年1月10日(月)

の間は事務所としてはお休みとさせて頂く予定でございます。

クライアントの皆様方におかれましては、ご迷惑をおかけすることもあろうかと存じますがご了承くださいませ。

なお、顧問先の皆様からの緊急案件につきましては、弁護士が直接対応致しますので、携帯・個人アドレス・FacebookMessengerまでご連絡頂ければ対応させて頂きます。

コロナと向き合ってきた2021年は、価値観や社会の分断が多く見られた年であったと思います。

今後第六波がどうなるか、オミクロンがどうなるかなど、考えても分からないことだらけの不確実な時代であることを改めて認識し、常に、今を起点にベストな選択をできるよう、自分自身、そしてクライアント様に対する向き合い方としても心がけていきたいと思います。

また、ビジネス上良いことがなかったという方にとっても、まずは、今年も1年間、無事に会社及び自分が乗り切れたこと、それだけで素晴らしいことだと思います。

激動の1年間、誠にお世話になりました。

不確実な時代で不安も多いことと思いますが、共に走りながら考える伴走者として、精一杯、クライアントの皆様がより良い働き方ができるお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

また、年明け3月からは新天地、代官山・恵比寿エリアに事務所移転を行う予定です。

こちらも確定次第ご案内させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

倉重・近衞・森田法律事務所

代表弁護士 倉重 公太朗

関連記事

  1. Yahooニュースに倉重弁護士の「何としても賃上げの実現を」が無…
  2. 倉重・近衞・森田法律事務所 倉重弁護士の対談記事が濱口桂一郎先生のブログ(ハマちゃんブログ)…
  3. 倉重弁護士が人材紹介業向けセミナー(7月12日(火) )に登壇し…
  4. 倉重・近衞・森田法律事務所 日経新聞に倉重弁護士の記事が掲載されました。
  5. ゴールデンウィーク休業のお知らせ
  6. スペシャルウェビナー(10月29日(金))へのご案内
  7. 倉重弁護士が第一東京弁護士会労働法制委員会副委員長兼労働法基礎研…
  8. 荒川弁護士が日本版同一労働同一賃金関連で取材を受けました
PAGE TOP
PAGE TOP