Loading

出版記念セミナー(11月29日(火))へのご案内

『HRテクノロジーの法・理論・実務』の発刊を記念致しまして、出版記念セミナーを行います。今回は書籍をお持ちの方は無料でご参加いただけます。著者陣から直接話を聞き、HRテクノロジーに対するイメージ・理解を深めていただければと思います。
終了後は1時間程度、WEB飲み会を実施予定です。質疑応答などもそこで行う予定です。

【開催日時】
2022年11月29日(火)19時~22時00分(延長の可能性あり)※終了後にZOOM懇親会の予定(お酒とおつまみをご準備ください。)
 
※講義のテキストとして本書籍を使用いたします。書籍をお持ちの方は無料で参加いただけますが、お持ちでない方の参加料金は6000円となっておりますので、ご了承ください。なお、書籍代は税込3,960円です。
購入はこちらから→『HRテクノロジーの法・理論・実務』アマゾンリンク

※当日1時間~30分前にZoomの接続URL及びパスワードをチケット購入者に送信しますので、peatixメッセージの受信をできるようにしておいてください。
※チケットを譲渡された方は受け取り手続きを完了しないとpeatixメッセージは送信されません。
※今回も見逃し配信を行います。講義終了後準備が整い次第、YouTubeのリンクをご連絡いたします。配信期間は公開から2週間を予定しております。
 
【Peatixイベントページ(申し込みもこちら)】

https://kkm-jitsumu-specialwebinar.peatix.com/


【アジェンダ】
1 データやテクノロジーを武器にした、ビジネスインパクトをもたらす人事への進化
 講師:酒井 雄平氏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)
2 人事課題解決に向けた組織サーベイの活用
 講師:伊達 洋駆氏(株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役)
3 人材育成・能力開発におけるHRテクノロジーの活用
 講師:藤本 真氏(労働政策研究・研修機構 主任研究員)
4 労働法視点から見たHRテクノロジー活用
 講師:倉重 公太朗氏(KKM法律事務所 代表弁護士)
5 雇用仲介サービスと改正職業安定法
 講師:白石 紘一氏(東京八丁堀法律事務所 弁護士)
6 個人情報保護法視点から見たHRテクノロジー活用
 講師:板倉 陽一郎氏(ひかり総合法律事務所 弁護士)
7 質疑応答

【司会等】
司 会・講 師:弁護士 倉重公太朗(KKM法律事務所代表弁護士)
コメンテーター:弁護士 近衞  大(KKM法律事務所パートナー弁護士)
コメンテーター:弁護士 荒川 正嗣(KKM法律事務所パートナー弁護士)

セミナー終了後には恒例の懇親会をZOOMで開催します。ぜひお酒とおつまみをご準備の上ご参加下さい!

【KKM実務研究会とは?】
https://kkm-jitsumu.peatix.com/view

【動画視聴方法】
本ページよりお申し込みをいただいた方に、イベント開催当日にZoomの視聴URL及びPWをお知らせいたします。
※お知らせは、Peatixメッセージにて行います。

【キャンセルポリシー】
・自己都合のキャンセルにつきましては、参加チケット料金のご返金はいたしかねます。
・天災事変等やむを得ない事由による開催中止の場合、キャンセルの際に生じる手数料は、ご自身のご負担となります。

□司会・講師略歴
倉重 公太朗(くらしげ・こうたろう)
KKM法律事務所 代表弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/kotaro-kurashige/
慶應義塾大学経済学部卒
第一東京弁護士会 労働法制委員会 外国労働法部会副部会長
JSHRM(日本人材マネジメント協会)理事、日本CSR普及協会理事(労働法担当)、経営法曹会議会員、日本労働法学会会員、日本労務学会会員
著作は25冊を超えるが主な著書は
[日本版]同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて(労働開発研究会、編著代表)
【改訂版】企業労働法実務入門(日本リーダーズ協会、編集代表)
企業労働法実務入門【書式編】(日本リーダーズ協会、編集代表)
なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか(労働調査会)
Q&A職場のメンタルヘルス(三協法規出版、共著)
メンタル疾患の労災認定と企業責任(労働調査会、編集委員代表)
改正労働契約法の詳解(労働調査会、編集委員代表)など多数

□講師略歴
酒井 雄平氏(さかい・ゆうへい)
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー
10年以上のコンサルティング経験を有し、人事戦略・トータルリワード方針の立案ならびに制度設計・導入、人事部門改革等を得意とする。近年はピープルアナリティクスを含めた事業・人事データの活用高度化領域に注力し、ハイパフォーマーの退職リスク分析、組織内ネットワーク分析、デジタルツールを用いた社員の行動・感情の可視化および生産性向上支援等の実績を有する。

□講師略歴
伊達 洋駆氏(だて・ようく)
株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。修士(経営学)。同研究科在籍中、2009 年に有限責任事業組合ビジネスリサーチラボを、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、組織サーベイや人事データ分析のサービスを提供している。近著に『現場でよくある課題への処方箋 人と組織の行動科学』(すばる舎)、『越境学習入門 組織を強くする「冒険人材」の育て方』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

□講師略歴
藤本 真氏(ふじもと・まこと)
独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)主任研究員
人材育成・キャリアディベロップメントに関する企業のマネジメントや、IT 人材・デジタル人材の能力開発とキャリア形成、能力開発政策を主なテーマとして、調査研究活動に従事している。近時の業績としては、『ものづくり産業における DX(デジタルトランスフォーメーション)に対応した人材の確保・育成や働き方に関する調査結果』(JILPT、2022 年)、『ミドルエイジ層の転職と能力開発・キャリア形成』(同、2022年)などがある。専攻は産業社会学・人的資源管理論。

□講師略歴
白石 紘一氏(しらいし・こういち)
弁護士(東京八丁堀法律事務所)
東京大学・同法科大学院卒業後、司法試験合格。2016年に経済産業省に任期付公務員として着任。「働き方改革」等に関する政策立案に従事し、労働法関連政策に加え、企業人事制度の変革、HR テクノロジーや兼業・副業の普及促進等を担う。2018年10月より東京八丁堀法律事務所に復帰し、企業法務、労働法務、スタートアップ支援等を手掛ける。著書に『HR テクノロジーで人事が変わる』(共著、労務行政)、『令和2年改正 個人情報保護法の実務対応─ Q&A と事例─』(共著、新日本法規)、『弁護士・社労士・人事担当者による 労働条件不利益変更の判断と実務─新しい働き方への対応─』(編著、新日本法規)等。一般社団法人ピープルアナリティクス& HRテクノロジー協会研究員。

□講師略歴
板倉 陽一郎氏(いたくら・よういちろう)
弁護士(ひかり総合法律事務所 パートナー)、理化学研究所AIP 客員主管研究員、国立情報学研究所 客員教授、大阪大学ELSIセンター 招へい教授
2004年京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻修士課程修了、2007年慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)修了。2008年弁護士登録。消費者庁消費者制度課 個人情報保護推進室(現・個人情報保護委員会事務局)政策企画専門官などを経て現職。主たる取り扱い分野はデータ保護法、サイバー法など。著書に『個人情報保護法のしくみ』(共著、商事法務)、『個人情報保護法コンメンタール』(分担執筆、勁草書房)等多数。

□コメンテーター略歴
近衞 大(このえ・だい)
KKM法律事務所 パートナー弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/dai-konoye/
早稲田大学法学部卒
第一東京弁護士会労働法制委員会均等法部会、労使関係部会副部会長
~主な著書~
「日本版 同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて」(労働開発研究会、共著)
「個人請負の労働者性の問題」(労働調査会、編集)
「最新実務労働災害」(三協法規、共著)
「なぜ景気が回復しても給料が上がらないのか」(労働調査会、共著)
「統合人事管理~グローバル化対応の法律実務」(経団連出版、共著)
「高年齢者雇用安定法と企業の対応」(労働調査会、共著)
「メンタル疾患の労災認定と企業責任」(労働調査会、共著)
「企業労働法実務入門(改訂版)」(日本リーダーズ協会、共著)等多数

□コメンテーター略歴
荒川 正嗣(あらかわ・まさつぐ)
KKM法律事務所 パートナー弁護士
https://kkmlaw.jp/professionals/masatsugu-arakawa/
一橋大学法学部卒、中央大学法科大学院修了
第一東京弁護士会 労働法制委員会 時間法部会副部会長
経営法曹会議会員
~主な著書~
『日本版 同一労働同一賃金の理論と企業対応のすべて』(労働開発研究会、編著)
『定額残業制と労働時間法制の実務』(労働調査会、共著)
『懲戒処分の実務必携Q&A』(民事法研究会、共著)
『詳解 働き方改革関連法』(労働開発研究会、共著)
『改訂版 企業労働法実務入門』(日本リーダーズ協会、共著)
『判例研究・テスト出局開始から解職までの復職可能性と解職の有効性等
    ‐NHK(名古屋放送局)事件(名古屋地判平29.3.28)』(経営法曹197号)等多数

関連記事

  1. スペシャルウェビナー(10月29日(金))へのご案内
  2. 訃報
  3. 第18回KKM実務研究会(10月27日(木))へのご案内
  4. 倉重・近衞・森田法律事務所 BUSINESS LAWYERSに倉重弁護士の【連載】展望 20…
  5. 倉重・近衞・森田法律事務所 【重要】当事務所の今後のサービス提供体制について
  6. 倉重・近衞・森田法律事務所 FINANCIAL TIMESに倉重弁護士の非正規雇用のボーナス…
  7. 倉重・近衞・森田法律事務所 サイトオープンしました。
  8. 2月11日(火)倉重弁護士の新刊がでます
PAGE TOP
PAGE TOP