Loading

コロナウイルス対応として企業が労務管理上検討すべき点についてまとめました

倉重・近衞・森田法律事務所

新型コロナウィルスに関する報道が連日行われており、企業活動を含めてどのようになるのか、
「分からない」ところが最大の恐怖だと思います。
そこで、「分からない」ことを少しでも減らすために、コロナウイルス対応として企業が労務管理上検討すべき点についてまとめました。

ご質問がございましたらいつでもお尋ね下さい。

YAHOO!ニュース・コロナウィルスに伴う労務管理上の留意点まとめ(企業向け)

YAHOO!ニュース・厚労省新型コロナQ&Aの疑問~37.5度の発熱は出社すべきなのか?~

倉重・近衞・森田法律事務所
代表弁護士 倉重公太朗

関連記事

  1. 荒川弁護士が日本版同一労働同一賃金関連で取材を受けました
  2. 倉重・近衛・森田法律事務所 倉重弁護士著書『改訂版 企業労働法実務入門』が8度目の増刷となり…
  3. 「HRテクノロジーの法・理論・実務 人事データ活用の新たな可能性…
  4. 第17回KKM実務研究会(7月21日(木))へのご案内
  5. 夏季休業のお知らせ
  6. 倉重・近衞・森田法律事務所 Q&A for HR「労働組合とのオンライン団体交渉に…
  7. 2月11日(火)倉重弁護士がインタビューを受けました
  8. 倉重弁護士が「法務部員が選ぶ弁護士ランキング 人事労務部門1位」…
PAGE TOP
PAGE TOP