Loading

倉重弁護士がワークハピネス会長吉村氏と公開対談イベントを行います。

倉重・近衞・森田法律事務所

弊所代表倉重が、ワークハピネス会長吉村氏と公開対談イベントを行います。

■7月13日(月)
 【オンライン対談】
   コロナ時代の働き方改革最前線 現場のプロから見た働き方の理想と現実
【スケジュール】
 ・17:00〜18:00 セミナー開始
 ・18:00〜18:30 Q&A LIVE
【定員】無制限
【料金】無料
※同業者様、個人の方はご遠慮いただいております。

ご興味ある方は
info@kkmlaw.jp
までご連絡ください。
(以下引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オンライン対談】コロナ時代の働き方改革
最前線 現場のプロから見た働き方の理想と現実
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
倉重氏は企業の顧問弁護士として、働き方や労働に関する係争、訴訟に関わり、
法律だけならず、人が揉める原因や感情など、制度、人間の両面から、現場の
働き方や労働に関するリアルを熟知されておられる方です。
また多様な問題を
”わかりやすく伝えられる専門家“として、日本に500人しかいない
Yohoo!ニュース「個人」のオーサーにも選出されており、日経新聞社の
「弁護士ランキング2019」では、労務部門(総合)6位に
唯一30代でランキングされている気鋭の企業側弁護士です。
弊社会長吉村は、未来研究の専門家でもあり、
フルリモート・フルフレックス、フルフラット・NO Officeのワークハピネス社を
経営し、そのノウハウを多くの会社に提供しております。
   ・二人が知る「働き方改革の最前線」とは?
   ・二人が描く「働き方改革の理想」とは?
今回はQ&Aの時間もたっぷり設けています。
皆様のご参加お待ちしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
倉重・近衛・森田法律事務所 – 代表辯護士 –
倉重 公太朗
https://info.workhappiness.co.jp/e/694263/2020-07-02/3ynn8/141448083?h=kOGXvOpUPzi7CGGPFnc4p75_y6-thuDd5uXVta_0Pqw
 慶應義塾大学経済学部卒、オリックス東京法律事務所、安西法律事務所を
経て現職。第一東京弁護士会 労働法制委員会 外国労働法部会副部会長、
日本人材マネジメント協会(JSHRM)理事、日本CSR普及協会 雇用労働専
門委員、経営法曹会議会員、日本労働法学会会員経営者側労働法を多く
取り扱い、労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応、団体交渉(組合・
労働委員会対応)、労災対応(行政・被災者対応)を得意分野とする。企業
内研修、経営者向け働き方改革セミナー、人事労務担当者・社会保険労務
士向け勉強会を多数開催。
日本経済新聞社「第15回企業法務・弁護士調査 労務部門(総合)」第6位。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オンライン対談】コロナ時代の働き方改革最前線
現場のプロから見た働き方の理想と現実
【こんなことについてお話しします】
 – 働き方改革の本当のベネフィットはなんなのか?
 – 対応が遅れた企業には何が起こるのか?
 – 政府が推進する働き方改革と現場で生まれるギャップの本当の正体
 – 働き方改革のトップランナーが見ている「この先にある未来」
 – メンバーシップ型からジョブ型への移行は進むのか?問題は?
 – テレワークのコスト削減やパフォーマンスへの影響など本当のところ
 – 最新の働き方が事業や採用などに与える影響 など
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本セミナーはオンライン開催です。
 お申し込み頂いた方に詳細をお伝えしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■7月13日(月)
 【オンライン対談】
   コロナ時代の働き方改革最前線 現場のプロから見た働き方の理想と現実
【スケジュール】
 ・17:00〜18:00 セミナー開始
 ・18:00〜18:30 Q&A LIVE
【定員】無制限
【料金】無料
※同業者様、個人の方はご遠慮いただいております。

関連記事

  1. 6月12日 (水)東洋経済からインタビューを受けました。
  2. 朝日新聞に倉重弁護士の記事が掲載されました
  3. 倉重・近衞・森田法律事務所 ゴールデンウィーク休業のお知らせ
  4. 倉重・近衞・森田法律事務所 新型コロナウィルス感染拡大を受けた当事務所の対応について
  5. 8月29日 (水)朝日新聞7面に倉重弁護士の記事が掲載されました…
  6. 倉重・近衞・森田法律事務所 サンポナビに倉重弁護士の企業の感染症対策についてのインタビューが…
  7. 倉重・近衞・森田法律事務所 夏季休業のお知らせ
  8. 2月11日(火)倉重弁護士の新刊がでます
PAGE TOP
PAGE TOP